ディズニー英語システムは挫折するのか?実際にDWE挫折した理由と対策について解説します

DWE

 



DWEとは、ディズニーの幼児英語教育の教材で母国語方式で英語を学んでいくことができます。

我が家はDWE教材を長女が1歳半の時に購入しました。

しかし、購入したみんなが英語ペラペラになるわけではありません。そして我が家は半年くらい経った頃にはすでに挫折しており、DWEからすっかり遠ざかりました。

DWEレッスンを挫折した原因と対策について解説するよ

この記事を読んで欲しい人

  • DWE購入に迷っている人
  • DWE購入したけど今後挫折しそうか心配
  • DWEレッスンを始めたけど挫折しそうな人
  • DWE挫折した後でもレッスン再開した仲間が欲しい人

ディズニー英語システム【DWE】は挫折するのか?

DWE挫折とはDWEを購入したけど学習が続かずに諦めてレッスンから遠ざかることをいいます。

教材費は安いわけじゃないのに挫折するの?

挫折する可能性は十分にあります。

メルカリなどの中古市場を見てもDWE教材がたくさん出回っていることからも想像はつきます。
(もう卒業して本当に使う必要がなくなったのかもしれませんが)

SNSを検索しても挫折者が見つかります。

実際、我が家も挫折経験しました。(現在は再開してブルーCAPも取得。)

しかし、いったんお休みしても学習再開できた家庭が多いのも事実です。

ディズニー英語システム【DWE】を挫折してしまう原因について

 

教材としては安い買い物ではないのにDWEにはちらほら挫折者が出ます。我が家もその中の一員になりました。それではなぜ挫折してしまったのか?

挫折する主な原因は以下の6つ

  1. 子供が自分でやってくれると思っていた
  2. 飽きた&英語イヤイヤ期 
  3. 親の時間確保ができない
  4. 進め方がよく分からない
  5. なかなか効果が見えない
  6. アウトプットの場の不足

挫折の原因①子供が自分でやってくれると思っていた

ブタさん<br>ママ
ブタさん
ママ

DWEって教材を置いておけば子供が勝手に学習してくれるのよね?

なんて思っていませんか?

小さい子供は自分でBlu-rayやCDを再生することなんて出来ませんし、親が内容を理解していないのに文字も読めない小さな子がわかる訳ありません。

それはDWEを好きになってからのお話です。

DWEに限らず、幼児教材は親が一緒について学習を見るものが多いです。

まずは親が一緒に取り組んで子供に興味を持ってもらうところからスタートです。

小さな子供に任せるのではなく、親がサポートする意識を持ちましょう。

挫折の原因②飽きた&英語イヤイヤ期

それいけ!アンパンマン公式サイトより

「飽きた」というのは子供だけでなく、親にも当てはまります。

ずっとDWEの曲ばかりで飽きちゃうお母さん、お父さんもいます。
また、子供だってそうです。

さらに、子供の場合は成長と共にいろんなものに興味が広がっていきます。

例えばアンパンマンやプリキュア、子供の好きなアーティストが出来たり、友達との約束だって出てきます。

また、英語を受け付けない時期、通称「英語イヤイヤ期」も定期的に訪れます。

そんな時は無理強いせず、

「この時間はDWEのBlu-rayみようね」

と時間を区切ったり、CDの掛け流しだけでも続けるのも良い方法です。

英語イヤイヤ期は何度も来ます。
覚悟を持って立ち向かいましょう。

挫折の原因③親の時間が確保できない

先ほど説明したように、小さな子供の学習には親のサポートが必要です。

しかし、特に共働きの場合は親がじっくり子供の学習をみる時間の確保は難しいかも知れません。
(共働き世帯の割合は年々増え続けています。参考:共働き世帯数の年次推移)

時間の確保ができない
 ↓
DWE学習が進まない
 ↓
DWEから遠ざかっていく

そもそも全く時間が取れないのならDWE学習には向かないのかもしれませんが、今学習の時間が取れていないのならば、自分の時間の使い方を見直す必要があります。

  • テレビを観ない
  • 家事の分担

で我が家は時間を作り出しました。

挫折の原因④そもそも進め方がよくわからない

DWE教材、Talk Along Card より
ブタさん<br>ママ
ブタさん
ママ

DWEの内容がたくさんありすぎて、何をすればいいか分からない( ; _ ; )

内容が充実しすぎているが故の迷子…

レッスン開始直後はPlay AlongのBlu-ray、CDをとにかくかけ流せばよかったので簡単でしたが、その次のステップがよく分からなくなりました。

教材も多いし、会員専用サービスもたくさん。

正直、PA!の次はどれから取り掛かっていいのかわかりませんでした。

DWE学習は長期戦です。長距離マラソンも道順が分からないと走れません。

でもWFC(ワールド・ファミリークラブ)には迷子にならないためのサービスがあるんです!

  • WFC会員専用サイトで届いた段ボールの開け方から教材やサービスの活用の大まかな活用の仕方を説明
  • それぞれの教材やサービスについて保護者専用のガイドブックがついてくる
  • ファーストステップ(全5回の完全予約制参加型オリエンテーション)
  • ホットライン(電話でもメールでも小さな細かいことでも相談OK!)

もそもどこで迷子なのか、何が分からないかが分からない!

気持ちはよくわかります。

私もそうでした→だから挫折しました。

一気に理解しようとせず、少しずつ挑戦していきましょう。

まずはライトブルーCAP取得を目標に頑張ってみませんか?

ライトブルーCAPとはオーディオCAPの中でも1番取得が簡単なCAPです。

CAP取得するとモチベーションが上がりますし、やり始めると少しずつ全体像が見えてきます。

メインプログラムの進め方についてはこちらの記事で解説しています

挫折の原因⑤なかなか効果が出ない

焦らないで!

言語の習得には2000時間が必要(3000時間と言われる研究もあります)と言われています。

1日2時間、365日毎日継続してインプットしても2000時間には3年近くかかる計算に!

言語習得のゴールデンタイムと言われてる赤ちゃんでさえ、曖昧な喃語を話始めるのに1年かかります。

まずはAppleなど簡単な単語からアウトプットが始まります。

ちなみに、生まれる前からDWEがある環境で育った次女は2歳に入る前から「イヤイヤ期」ではなく「No,no!期」に入っています。

結果は焦らずにインプットし続けるとアウトプットは始まります。

挫折の原因⑥アウトプットの活用不足

特に中古DWEユーザーに多くみられるように思います。

そして、私もDWEレッスンから遠ざかっていた時期は全くアウトプットの場を活用していませんでした。

やみくもにインプットしたって効果が出ているのかわからないし、本人も楽しくありません。

アウトプットするから、効果が見られて嬉しいし、伝わる楽しさも感じることができます。

メリル・スウェイン氏のアウトプット仮説でも言語取得におけるアウトプットの重要性を示しています。

  • アウトプットすることで理解のギャップに気づく
  • アウトプットすることで正しく理解できているか試すことができる
  • アウトプットすることでインプット時に細かいところに注意が向く

メリル・スウェン氏のアウトプット仮説より

DWE会員にはとても充実したアウトプットの場がたくさん用意されています。

おうちでのアウトプットが難しいのならDWE会員サービスを利用しましょう

挫折したってまたチャレンジすればいいんです

我が家は長女が1歳半頃からDWEレッスンを開始し、2歳になる頃からの1年間、全くレッスンしなくなりました。

言語習得のゴールデンタイムと言われる0~3歳のうちの1年間を無駄に過ごしてしまったのです。

それでもまた再チャレンジして、長女が4歳の時にブルーCAPを取得できました。

当時のブルーCAP取得までの道のりを記録した記事はこちら↓参考にしてください。

子供の英語教育は長期戦です。

  • 基本、学習は子供任せにしない
  • 英語イヤイヤ期は定期的にやってくる
  • 親の時間の確保の工夫
  • DWEの内容を初めから全て把握しなくても良い。少しずつチャレンジしていく
  • すぐに効果が出なくても焦らない 
  • アウトプットの場を大切に

この6つを意識できれば大丈夫❗️

一緒に頑張りましょう^_^

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました