【ぶっちゃけどう?】ディズニー英語システムのリアルな効果は?

ディズニー英語システム(DWE)を検討している方が気になるのは、やっぱりその効果ですよね?

DWE歴4年、うち挫折してお休み期間1年^_^;の我が家が忖度なし、ぶディズニー英語システムってぶっちゃけ効果があるのか解説します。

実は長女はDWEがハマらなかったタイプ。気付けばスラスラ英語が…というわけではありません。そんなリアルな実力を紹介します。

ディズニー英語システムはDisneyWorldEnglishのこと。ユーザー達には通称DWEと呼ばれています。

目次

ディズニー英語システム(DWE)の効果

ディズニー英語システム(DWE)は言語学発達心理学に基づいて作られた英語を効率よく学べるプログラムが組まれています。

実際の教材も文字を読めない子供でもわかりやすく、Blu-ray、CD、本、カード、クイズ全てが連動し、子供の頭に残りやすい設計です↓

実際、教材の写真を見てもわかりやすいのは一目瞭然ですよね。

ディズニー英語システムのスーパーキッズたち

ディズニー英語システム(DWE)にはスーパーキッズと呼ばれる子たちが一定数います。スーパーキッズとは言わなくとも隔月で送られてくる会員雑誌では、普通の年齢では到底難しそうな成果を出している子がたくさん紹介されてます。

no.244とno.245の会員雑誌

このページをまとめると以下のno.244とno.2245の会員雑誌で報告されている成果は次の通り。

多すぎるので英検3級までの合格者を紹介

  • 英検1級合格:1人 (20歳)
  • 英検準1級:2人(15歳、9歳)
  • 英検2級:10人(7~16歳)
  • 英検準2級:30人(6~15歳)
  • 英検3級:48人(5~12歳)

実際に、DWEスーパーキッズの様子がyoutubeで紹介されています。

動画の「さあやちゃん」は、0歳からディズニー英語システム(DWE)学習を開始。動画を見る限りでは、自分からどんどんディズニー英語システムの教材で遊んで英語をインプットしていますよね。

では、DWE学習をしている子みんなが「さあやちゃん」のようになるのでしょうか?

ぶっちゃけ、教材がバッチリ合う子とそうでない子がいる

ぶっちゃけ、子供によってディズニー英語システム(DWE)はバッチリ合う子とそうでない子がいます。

どんな子供でもDWE教材にバッチリ合うわけではないんです。

バッチリ合う子というのは、「さあやちゃん」のようにDWEの教材に興味津々で自分からどんどん英語を吸収するタイプ。教材の紹介動画でもこのパターンが多いです。このようなタイプの保護者は口を揃えてこう言います↓

教材を買って置いていただけ。自分で勝手に遊んで、いつの間にか英語をスラスラ話すようになっていました。

その反面、バッチリ合うわけではない子もいます。

実は我が家の長女もそのタイプ。

  • DWEのものばかりではなくテレビも観たがる
  • 置いておくだけでは自分からやらない事が多い(早起きしてこっそりやってる事もあり)
  • 小さい頃は極度の人見知りでイベントに参加しても無言(←最近は楽しんでいます)
  • 先生に会いたい!とか特別な感情はない(←取り組み方の問題?)  

自分から積極的にインプットする子に比べると、やはり自分からガンガンインプットしない子の場合は工夫が必要です。

バッチリハマらなかった代表、我が家の長女の実態を本音で口コミします。

我が家の場合

我が家の場合を状況取り組み時間現在の実力の3つに分けて紹介します。

我が家の状況

我が家の状況
  • 長女1歳半の時にDWE開始 
  • 長女が2歳の時、1年間丸々おサボり
  • 共働き家庭
  • 夫婦ともにほぼ英語話せない
  • 休日の取り組みはほぼ無し
  • 夫は口は出さないがほぼ無関心
学習時間の確保が課題です

DWEを開始したのは長女が1歳半ごろ。この時は、DWEの良いところばかり見て現実を知りませんでした。

2歳になったときに気づいたことは、子供1人でに学習しないよね?ってこと。結局、私が仕事と子供とのDWE学習時間の確保の両立ができなくて1年間そのまま放置していました^_^;

DWEの挫折率は高い?口コミや実際に挫折した理由とその対策についての記事に挫折した当時のことを詳しく紹介しています。

今は、次女の妊娠し、産休・育休を期に再開しています。

我が家の取り組み時間

我が家のDWE学習の取り組みは主に平日です。平日の主な取り組み方はこんな感じ↓

  • 平日は朝ごはん、保育園への準備時間、夕飯の時間はCDやBlu-rayの掛け流し
  • 帰宅後は数枚の英単語のカード(TAC)
  • 夕飯時はBlu-rayの掛け流し

もちろん、少し時間が取れそうな日はDWEのワークや教材で遊ぶ事もありますよ。

我が家の場合、DWEの平均学習時間は3時間くらい。

具体的なDWEキッズのスケジュールは下の記事に詳しく書いています。

休日は、おサボりユーザーの名に相応しくほぼ活用できていません。そんなサボりがちな我が家でもちゃんとDWEの学習で英語上達の効果は出ています。

我が家のリアルな実力を紹介

我が家の長女は1歳半からディズニー英語システム(DWE)学習を開始したわけですが、最初に思い描いていた様に学習は進んでいません。

  • 大ハマりして自分からどんどん教材で遊ぶタイプではなかった
  • 言語学習のゴールデンタイムと言われる0~3歳のうち1年間、教材を放置した
  • 長女3歳の時からコツコツ継続再スタート 

と、出鼻をくじいての再スタート組なです。

始めは教材を置いておけば子供が勝手に学習してくれると思っていました。

そんな期待は我が家には当てはまりませんでした。

現在の我が家のリアルな実力を紹介します。下のツイートの動画を見てください。

長女は現在5歳。スラスラではないですが、しっかり英文を読んで発音しています。もう一度言います。

5歳の女の子が、1人で英文を読んで発音しています。

すごくないですか?ちなみに、読むだけではなくちょっとした英語の質問にも英語で返す事ができます。

例えば、先日のDWEの教材を使ってのレッスン中の出来事

📺「Why is Minnie carrying an umbrella?」の質問に、

👧「Because, It’s raining.」と答えていました。

長女が”Because”をつけていてびっくり。5歳の女の子がただ答えるだけではなく、会話の流れがスムーズになるように英語の接続詞を付けたんですからね。

ちなみに、先日は英語のしりとりをしていました。DWEすごいです。

note、elephant、tummy、yarn、nut…
英語のしりとりだよ!

SNS上のディズニー英語システム(DWE)ユーザーたちのリアル

実際にはテレビCMなどで見るスーパーキッズではなく、我が家のようにゆっくりと英語力が成長する家庭も多いです。我が家の他にも似たような家庭がSNSにはたくさんいます。

DWEを購入しただけではなく、みんなしっかり努力しています。

ここまでで以下の事が言えます。

DWEの教材にバッチリ子供が合わなくても、親が子供を学習に促せばしっかり英語力がつく

ディズニー英語システム、失敗と成功の違いは?【ぶっちゃけます!】でも紹介していますが、継続力が1番大事です。ディズニー英語システムの失敗と成功の違いはまさに継続力の違いです。

DWEは本当に優れた教材です。だって有名な言語学者と発達心理学者が作った、赤ちゃんから理解できる英語学習プログラムですから。

DWEは英単語から体系的に英語が学べる教材です。我が家の様に、バッチリと子供に教材が合わなくても、プログラム通りに学習を継続することで確実に英語力が付きます。

ぶっちゃけどう?我が家のディズニー英語システム(DWE)の効果まとめ

ディズニー英語システムはぶっちゃけ、教材を置いているだけで子供が勝手に学んで英語が身につくものではありません。もちろん、そのタイプの子はいますがSNSを見る限り少数派です。

それでも子供に向き合い、ディズニー英語システム学習を継続することで確実に英語力が付きます。

実際の我が家の子供達の英語力はこんな感じ↓

  • 簡単な質問に接続詞など入れて答える事ができる
  • 教材の絵本を読める
  • 英語でしりとりができる
  • DWEの英単語のカード400枚以上を暗記

長女は、いわゆるDWEを置いておくだけではなく、親の手が必要なタイプ。それでも時間をガッツリ取れない中でも上記のようにDWEの効果が出ています。

ちなみに、次女は1人で教材で遊ぶ事もあり長女よりも手が掛からなそうです。

DWEの教材がその子にバッチリ合うかどうかは試してみないとわかりません。ただ、バッチリ合わなかったとしても親の呼びかけと継続で必ず成果は出ます。だって、英語圏で暮らしている人はほとんどの人が英語で話しますよね?

でも、ちょっと待った!焦って購入しないで。まずはサンプルを試そう!

まずは子供がDWEの曲や雰囲気が好きかどうかサンプルを使って試してはどうでしょうか。

\無料サンプルプレゼント/

子供に教材が合うかどうかは試してみないとわかりません。しかし小学校低学年で英検2級取得!のようなスーパーキッズにならなくても、DWEの学習を継続していれば確実に効果は出ます。

我が家はまだ5歳と2歳。これからの彼女達の成長にワクワクしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次