iDeCoとは。控除になるので資金的拘束が問題なければ利用すべき!

家計管理

 



最近耳にするiDeco。おでこではありません。これは、ざっくり説明すると国が進めている年金制度です。進めているって言うことは、こんな制度があるので利用してくださいね!ってこと。

あくまで、利用してくださいね!ってことで、国が積み立ててくれるわけではないんです。近年は年金2000万問題が騒がれています。つまり、年金足りないから、ある程度は自分で用意してもらわんと…と言いたいのでしょう。

歳をとって、資産運用など対策をしていなかったときに、ほらー言ったじゃん。なんて言われても困るのは自分です。それでは知識をつけてしっかり対策しましょう。

iDeCoとは

今日もまた投資の話です。我が家ではiDeCoも使っています。iDeCoとはざっくり言うと、国が進めている私的年金の制度で、iDeCoでの投資額が全額控除になる制度です。iDeCo公式サイトはこちら

iDeCoは自分で掛け金を支払い、その積立金で運用商品(定期預金、保険商品、投資信託など)を運用し、60歳以降に老齢給付金として受け取ります。掛け金には上限があり、職業や雇用形態で違いがあります。

運用すると言うことはリスクがあると言うこと。元本保証がいいのなら商品を定期預金として選ぶのも良し。ただ、投資におけるリスクとは一般的に振れ幅のことです。

振れ幅が大きければその分資産が増える可能性もありますし、いい商品を買っていれば時間を味方にすれば勝率も上がります。どの商品を選ぶのが正解なのかは、その人の年齢や収入、家族構成や性格によって答えは様々です。

掛け金の違いは会社の雇用形態により様々なので、そこは公式サイトを参照にしてください。例えば、私の会社の場合だと、拠出限度額(積立金)は月2.3万円、年単位で27.6万円です。公務員であれば月1.2万円、年額14.4万円になります。

デメリットは、年金としてのつみたてなので60歳以降まで引き出せないこと、受け取り時に税金がかかることです。受け取りの仕方には分割や、一時金として、または両方が選べます。

一時金で受け取る場合、退職金と合わせて退職所得として受け取ることができます。退職所得として受け取ると何がいいかと言うと退職所得控除額があるからです。退職所得控除の額は、勤続年数20年までは1年につき40万円、20年を超える年数は1年につき70万円を掛けたものの合計金額となり、それを上回った部分についても課税所得はその2分の1となります。

控除になったらどれくらい得か。計算してみる

例えば、勤続年数25年、iDeCoの一時金1,000万円、退職金500万とすると、税額は以下のようになります。

・退職所得控除額:(25年-20年)×70万円+20年 ×40万円=1,150万円
・退職所得:(1,500万円-1,150万円)×2分の1=175万円
これに税金がかかってきます。

つまり、退職金が少なそうで、資金拘束に問題ないのであればiDeCo加入のメリットが高いです。

控除になるので資金的拘束が問題なければ利用すべき!

控除とは、個人の経費見たいなものです。会社は利益から経費を引いたものに税金がかかります。個人は給料から控除を引いたものに税金がかかります。

ちなみに、保育料は住民税を元にして計算されるので、iDeCoで控除額を増やし、税金を安くすると保育料まで安くなるわけです。

また、iDeCoを年金として受け取る場合ですが、高齢になって来ると、現役世代ほど働いていない可能性が高いので、かかってくる税金は今の年収と比べると少ないと思います。日本は累進課税制ですから。なので受け取り時の税金は私は問題視していません。ただ、受けとり時に手数料がかかるので受け取り回数を減らすなどは考えるとは思います。

私の場合は、iDeCoは100%株式ではなく債券も混ぜています。歳を取ってからの大暴落はきついですからね。

iDeCo、nisa、つみたてnisaの違い

iDeCoがいいか、nisa、またはつみたてnisaがいいか。考え方はいろいろです。nisaやつみたてnisaは資金拘束がない分、また、受け取り時にも税金がかからないのが魅力です。iDeCoの魅力の一番は全額控除になることだと思います。個人的にはつみたてnisaが一番おすすめかなぁ。うちはどっちもしています。

しかし、毎月の貯金はでききていません^^;生活防衛資金だけ貯めています。貯金における金利や、これからのインフレのリスクを考えると、貯金ばかりではもったいない気がして、複利効果も期待できる株式投資をメインに資産運用しています。

ちなみに、投資を始める時にはネット証券開設がおすすめです。手数料が安く、変な商品を押し売りされることはありません。

長期投資をするにあたっては手数料の少しの違いでも長期の資産形成で見るとかなりの違いが生まれます。ネット証券会社では、手数料が安く、使いやすい楽天証券か、SBI証券がおすすめです。ちなみに我が家は両方使っています。

毎月のお金の内訳をどうするのか。その戦略は各家庭で違ってきます。職種も違えば年齢や家族構成も違います。あとは攻めや守りの性格でも違ってきます。自分たちに合ったリスクの取り方を探していくのも投資だと思います。それではまた次回。

合わせて読みたい。資産運用とは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました