持ち家VS賃貸 どっちがいい?

家計管理

持ち家がいいか、賃貸がいいか。この問題はずっと議論されており、答えのでない問題です。それは比べる視点によって正解が変わるからです。

家を持ったら一人前。そんな言葉に思考停止して家を買う前に、両者のコストや、自分が大切にしている価値観と比べて、家を買うのか、賃貸に住むのか考えましょう。それでは考察をはじめます。

持ち家

いぬくん
いぬくん

結婚して、子供も生まれたし、次は住宅購入だ!

やっぱり、家を持ってやっと一人前だよね!

キツネ先生
キツネ先生

終身雇用制度が崩壊している今、長期ローンを組んで高額な住宅を購入するのはリスクです。住宅購入はそのリスクと見合っているのか考えてみましょう。

持ち家のメリット

  • 賃貸と比べて広い
  • 設備のグレードが高い、または自由に決めれる
  • 間取りや配置、こだわりの作りにも対応
  • 老後の住処についての安心感
  • マイホームを持ったという満足感

持ち家は賃貸と比べて広いことが多いです。庭付き戸建てなら、庭で遊ぶ子供の姿を家から見たり、また、自宅の庭でBBQなんかも夢じゃありません。

注文住宅の場合は、間取りを好きに決めることができますし、キッチンやお風呂などの設備も賃貸と比べ、グレードが高いことが多いです。

また、自分のものになるので退職までにローンを完済すれば、その後の住居費が安くなります。

持ち家のデメリット

  • 長期間のローンを組んで購入する場合が多い。
  • 転勤やご近所トラブルがあった場合でもローンの支払いは残る
  • 金利の上昇リスク
  • 病気やリストラなどの収入減少によるローン支払いの負担
  • 津波、地震などの自然災害で住めなくなる
  • 家族構成の変化に対応できない
  • 周囲の環境変化
  • 修繕費の用意も必要

一番のデメリットはやはり長期ローン。住めなくなっても支払う必要があることです。大きな買い物なので気軽には買えませんよね^_^;

賃貸

次に賃貸のメリット、デメリットをみてみましょう。

賃貸のメリット

  • 転勤やご近所トラブル、災害で住めなくなったなどが起こっても引っ越せばOK
  • 収入が減った場合は家賃の安いところに引っ越す、もしくは実家に頼るのもアリ。
  • 家族構成が変わってもその都度必要な広さに引っ越せばOK
  • 近くに大きなビルが建って日当たりが悪くなっても(周囲の環境の変化)引っ越せばOK
  • 経費にできる

つまり、気に入らなかったら引っ越せばOKなのです。

賃貸のデメリット

  • 内装や間取りが自分で決めることが出来ない
  • 一生賃貸の支払いが続く
  • 高齢になった時に契約を更新できないことがある

高齢になると、家を借りるときに身元保証人が求められるケースが増えていますが、お金があれば高齢者でも貸してくれるところはたくさんあります。現在、日本の人口は減ってきており、空き家が急増中なので貸したい人が多くなってきています。

そもそも、高齢になった時点でお金がない!!ってことにならないように計画して人生楽しみましょう。

経費も使える賃貸

賃貸の魅力的なメリットの一つとして経費に落とすことが出来ます。これは、収入が会社員の給料だけだと使えませんが、副業をしている方や、個人事業主の方は節税の重要な方法の一つです。

そもそも、税金は課税所得にかかってきます。

収入 – 経費 = 課税所得

つまり、経費を増やせば課税所得が減る。課税所得が減れば、支払う税金が減るのです。経費だからっていらないものまで買うと無駄遣いですが、生活に必要なものを経費に落とすことができたら節税になりますよね。

住宅ローンは経費に落とすことはできませんが、家賃の一部は経費に計上することができます。これも賃貸の大きなメリットです。

両者のコストの比較

いぬくん
いぬくん

今支払っている家賃と同じ値段で家が買えるっていうし、自分のものにならないのなら、払っている家賃は勿体無いんじゃない?

それでは、実際住宅を購入した場合と賃貸で住んだ場合を比べてみましょう

住宅を購入するときにかかる費用は、土地や建物代だけではありません。その他かかってくる費用は次の通り

  • 住宅ローン金利や消費税、団体信用生命保険
  • 固定資産税
  • エリアによっては都市計画税
  • 修繕費用
  • 地震保険や火災保険

これらは土地や住宅以外に年間40万円ほどかかってきます。

固定資産税

固定資産税とは、所有している土地・建物を所有している場合に課せられる税金で、毎年1回、または4回に分割して支払うことになります。

固定資産税の計算式は、「固定資産税評価額×1.4%=固定資産税額」です。

固定資産税評価額とは「各自治体が定めた土地や建物を評価した金額」のことで、所在地や形状、大きさ、建物の材質などによって違ってきます。年間約15万円が平均的です。

都市計画税

都市計画税は、都市計画法による市街化区域内に所在する土地と建物が課税対象となります。毎年1回、または4回に分割して支払うことになります。

都市計画税の計算方法は「固定資産税評価額×0.3%=都市計画税」です。

市街化区域に属さない地域であれば都市計画税はかかりません。年間約3~5万円が平均的です。

修繕費

修繕費は外壁塗装、屋根塗装、フローリング張り替えやシロアリ防除、お風呂・キッチン・トイレの交換や修繕、給水管の修繕、ドアの修理や交換など、長年住んでいるといろんなところの修理・交換が必要になってきます。だいたい20年くらいで交換が必要になることが多いです。

その費用は高額なので、毎月少しずつつみたてなればいけません。戸建ての修繕費用はだいたい600~800万円と言われています。

住宅が古くなればなるほど修繕の必要が出てきます。

火災保険や地震保険

契約内容にもよりますが、相場は5年でだいたい15~20万円です。

どっちがいいのかはその人次第

今の家賃で持ち家が手に入る!という言葉は本当なのか?しっかり考えてから住宅購入を検討するべきです。

実際、我が家は昔家を建てるつもりで、建築家に頼んで設計図を作ってもらっていました。

しかし、想像より費用が高く、途中で諦めました。ちょうど離婚問題があったのも理由です(^^;;

家を買った後に離婚しないとも限りません。家を買うのはその後、その家に住まなくなってもローンを全て支払う必要があるのです。

家を購入した地域が運よく、ご近所付き合いがよく、子供も学校に通いやすい当たりを引いたとします。そんな博打を背負い、その上で35年という長期のローンに縛られ、しかも修繕つみたて費も用意しておかなければいけません。実際、住宅ローンが苦しく、住宅購入を後悔している人も一定数いるのは事実です。

お金の面だけで考えればお得なのは賃貸です。しかし、マイホームは浪費とわかっていても夢があります。

住宅購入はしない方がいいと言っているわけではありません。実際、私はいつかは欲しいな。と思っています。しかし、購入するなら新築戸建てではなく、中古の戸建て狙いです。

新築にはその建物の価値の他に、不動産会社の人件費や報告費も乗せて売られているので割高になるからです。購入するのならば、無理して多額のローンを組まずにしっかりと資金計画をしてから買うようにしたいですね。

それではまた次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました