【ディズニー英語システムDWE】0歳児とPlay Along

DWE

 



我が家は長女が1歳の時からDWEを使っています。ですから、次女は生まれた時からDWEが家にある状態です。そんな環境で育っている0歳の次女、日々どういう風に英語に触れているか紹介します。

0歳児も大好きPlay Along

 

我が家の次女0歳、Play Alongガン見します。PA!の中で子供が持っているジングルブロックや、my little carを指で追っかけています。

PA!(Play Along)の中に出てくるおもちゃは原色が多く、子供の目に止まりやすいのでしょう。また、PA!は子供が夢中になる内容です。

PA!は1~3まであります。次女はPA!のひとつのDVD (Blu-ray)を繰り返し流していても集中してみる事ができるので、3つもあれば飽きずにローテーションできます。

(我が家は一つずつ集中して見せるのではなく数種類のDVDを見せるようにしています)

0歳児にして効果出てるのでは?

現在10ヶ月の次女、こんな事ができます↓

  • DVDのclap!のところで手をたたく
  • bye byeのところで一緒にバイバイする
  • jingleのところで持っている物を振り回す

これらはDVDを見ながらする行動です。ですから、単語を聞き取っているのではなく映像の真似をしているだけかもしれません。しかし、DWEは母国語方式で英語を学べるようにしてあるので言葉は後でついてくると思っています。

母国語方式の学習についてはこちらの記事を参照してください↓

ちなみに日本語ではこんなことを理解しています↓

  • 自分のお名前を呼ばれたら返事ができる
  • 上手!がわかって拍手をする
  • ママ、マンマ、お父さん、アンパンマンをなんとなく言える 
  • バイバイと言われたら手を振る事ができる
  • あぶ!(危ない)がわかる

※bye byeは、PA ! で先に覚えて、日本語でも理解したって感じです。

子守にも使えるPlay Along

我が家は子供が集中してPA!をみるのでその間に家事をしています。
子供の手が離れるので自分はその間にオーディオブックなどで本を読む事だってできます。

子供は英語のインプット、自分は知識のインプット、その間に家事も片付いていく…最高です。時間の有効活用はこれ以上ない価値だと思います。

小さい子供のいる家庭では自分(親)のための時間も気持ちにゆとりを持つために必要だと思うのでPA!を上手く活用しています。

上の子がいる時は?

上の子がいる時は上の子に合わせてSing AlongやStraight Playを中心に流しています。次女はSing Alongも見ますが、PA!の時はテレビに張り付くほどなのでやはりPA!の方が好きなんだと思います。

しかし、PA!ばかりではなくSA!なども流す必要があります。

日常生活に置き換えてみると、赤ちゃんがいるからと言ってその家の中の言葉は赤ちゃん語ばかりではないからです。通常の会話も赤ちゃんの耳に入ってきますよね?

今後もたくさんの英語を聞いて子供たちの英語耳を作って行こうと思います^_^

0〜4才のお子さまをお持ちの方に無料サンプルプレゼント!

将来は娘2人でお互い英語で会話できるようになれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました